FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
冷蔵庫一掃ミートスパゲッティ
2007 / 02 / 27 ( Tue )
ippaisupa.jpg

<材料>
スパゲッティ・・・200g
牛挽肉・・・100g
玉ネギ・・・1/4個
小麦粉・・・大さじ1
ナツメグ・・・少々
A トマト水煮缶・・・1缶
A 赤ワイン・・・大さじ1
A コンソメ・・・小さじ1
塩こしょう・・・少々
オリーブオイル・・・適量
ニンジン、ピーマン、ナス、ブロッコリー、
ミニトマト、アスパラ、ベーコン、コーン、マッシュルーム等々


<作り方>
①玉ネギをみじん切りにしておく。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、
 牛挽肉と玉ネギを塩こしょうで炒める。
③挽肉の色が変われば、ナツメグと小麦粉を振り入れ、
 野菜を加えて少し炒めておく。
④Aを加え、煮詰める。
⑤大きな鍋にたっぷりの水、塩小さじ1(分量外)を入れて
 沸騰させ、スパゲティを茹でる。
⑥ソースをたっぷりかけて召し上がれ。


野菜いっぱい。サラダ感覚。
スポンサーサイト
12 : 30 : 52 | Meal | コメント(0) | page top↑
鮭の生姜煮
2007 / 02 / 26 ( Mon )
sakenituke.jpg

<材料>
鮭・・・2切(生鮭もしくは甘口)
つけあわせ
えのき、ししとう、油揚げ、ひろうす等なんでも・・・適量
水・・・150ml
薄口しょうゆ・・・大さじ1
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
しょうが・・・ひとかけ


<作り方>
①しょうがは千切りにしておく。
②油揚げは油抜きしておく。
③鍋に水、しょうゆ、酒、みりん、しょうがを入れ、火にかける。
④沸騰したら、鮭とつけあわせの野菜を加え、煮る。


鮭と生姜って意外な組み合わせ。でもおいしいよ。
鮭の塩味があるので、しょうゆは少なめでもいいかも。
20 : 12 : 12 | Side Dish | コメント(2) | page top↑
カレー・アボカド・カボチャ・普通のコロッケ
2007 / 02 / 25 ( Sun )
iroirokorokke.jpg

<材料>
カボチャのそぼろ煮の残り・・・適量
男爵イモ・・・2個
合い挽き肉・・・100g
玉ネギ・・・1/4個
ニンジン・・・2cm幅
塩コショウ・・・少々
牛乳・・・大さじ1
ナツメグ・・・少々
カレー粉・・・大さじ1
アボカド・・・1個
レモン汁・・・大さじ1
ミックスベジタブル・・・適量
衣・・・小麦粉・パン粉・卵1個


<作り方>
①ジャガイモは適当な大きさに切り、水にさらしてアクを抜く。
②ラップをし、レンジで4分チン。マッシャーで潰す。
③玉ネギ、ニンジンをみじん切りにし、ひき肉と炒める。
④炒めたひき肉・玉ネギ・ニンジンをジャガイモと混ぜる。
⑤塩コショウ、ナツメグ、牛乳を加え、
 なめらかになるまで混ぜる。
⑥コロッケ地を4等分する。
⑦一つはそのまま、二つ目にカレー粉を混ぜる。
⑧三つ目にはカボチャのそぼろ煮(煮汁は切る)を混ぜる。
⑨アボカドの皮を剥いてレモン汁を振り、潰したものに、
 ミックスベジタブルを混ぜ、四つ目のタネに混ぜる。
⑩油を170~180℃に熱す。
⑪タネを小麦粉→卵→パン粉にくぐらせ、揚げる。
⑫ケチャップ・ソース・マヨネーズ等をかけて召し上がれmayone-zu


カレーコロッケにチーズ入れてもおいしいよ。
いろんな色にしてみたくて、アボカドを入れてみた。
レモンが多かったのかビミョ~な味でございました・・・アップロードファイル
21 : 04 : 34 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
水菜とベーコンのサッと煮
2007 / 02 / 24 ( Sat )
mizunabe-kon.jpg

<材料>
水菜・・・たっぷり
ベーコン・・・食べたいだけ
だし汁・・・200ml
みりん・・・小さじ2
薄口しょうゆ・・・小さじ2
粗引き黒胡椒・・・適量


<作り方>
①水菜は3~4cm幅に切り、茎と葉を分けておく。
②ベーコンはお好みの大きさに切る。
③鍋にだし汁、みりん、薄口しょうゆを入れて煮立て、
 ベーコンと水菜の茎のみ加える。
④ひと煮立ちしたら、水菜の葉を加え、サッと火を通したら器に盛る。
⑤粗引き黒胡椒を振りかけて召し上がれ。


煮過ぎないように、③~⑤はパパパッと仕上げちゃいましょう。
しんなりするので、水菜がたくさん食べられます。
13 : 35 : 49 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
カボチャのそぼろ煮
2007 / 02 / 23 ( Fri )
       圧力鍋使用してます(T-FAL
soboroni.jpg

<材料>
カボチャ・・・1/4個
牛ひき肉・・・100gくらい
キヌサヤ・・・適量
だし汁・・・200ml
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ1.5
砂糖・・・大さじ1


<作り方>
①カボチャは全体を水に濡らしてラップをし、
 3~4分レンジにかけ柔らかくしておく。
②キヌサヤはサッと塩茹でしておく。
③カボチャをお好みの形に切る。
④皮を所々削ぎ落としておく。
⑤圧力鍋にだし汁を入れ、沸騰させ、牛ひき肉を入れる。
⑥ひき肉から出るアクを丁寧に取り除いておく。
⑦カボチャ、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を入れ、3分加圧。
⑧自然冷却させ蓋を開け、器に盛ってキヌサヤを散らせば出来上がり。


たくさん作って、翌日にアレンジして食べようと思うので、
分量は、2人分にしてはちょっと多いかもしれません。
16 : 31 : 25 | Pressure Cooker | コメント(0) | page top↑
水菜ピーナッツサラダ
2007 / 02 / 22 ( Thu )
mizunasarada.jpg

<材料>
水菜・・・1束
ピーナッツ・・・ひとつかみ
きゅうり・・・1/2本
クリームチーズ・・・2cm幅
ミニトマト・・・2個
マヨネーズ・・・適量


<作り方>
①ピーナッツは粗く刻んでおく。
②水菜は3~4cm幅に切る。
③きゅうり、クリームチーズは1cm角に切る。
④ミニトマトは4つに切る。
⑤全てを和えて召し上がれ。


クリームチーズの濃厚な味、ピーナッツの香ばしさ、
きゅうりの歯ごたえ、トマトの酸味、
水菜のシャキシャキ感がおいしいサラダです。
21 : 36 : 08 | Salad | コメント(0) | page top↑
赤味噌田楽
2007 / 02 / 20 ( Tue )
dengaku.jpg

<材料>
大根・・・3cm幅
だし昆布・・・5cm幅
こんにゃく・・・1/2枚
木綿豆腐・・・1/2丁
(味噌だれ)
赤味噌・・・大さじ2
酒・・・小さじ1
みりん・・・小さじ1
砂糖・・・大さじ1


<作り方>
①豆腐はキッチンペーパーで包み、重しを乗せて水を切っておく。
②こんにゃくは湯通しし、臭みを抜き、格子状の切り目を入れる。
③大根は1.5cm幅に切り、面取りし、十字の切り目を入れ、
 昆布を入れた水で下茹でする。
④鍋に味噌だれの材料を入れ、弱火で温めながらよく混ぜる。
⑤フライパンで豆腐、こんにゃくを両面こんがり焼く。
(油は敷かない)
⑥味噌だれをたっぷりつけて召し上がれ。


冷蔵庫に余ってる物で出来ました。
おなかいっぱい。でもとってもヘルシー。
21 : 47 : 31 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
ベイクドチーズケーキ on オレオ
2007 / 02 / 20 ( Tue )
bakedcheesecake.jpg

<材料>(カップケーキ6個分)
(ビスケット地)
オレオ・・・4枚
バター・・・10g
(チーズケーキ)
クリームチーズ・・・125g
バター・・・20g
卵・・・1個
グラニュー糖・・・30g
プレーンヨーグルト・・・大さじ4
レモン汁・・・大さじ1
薄力粉・・・15g


<作り方>
①ビスケット地用のバター10gをレンジにかけ溶かしておく。
②オレオと①の溶かしバターををフードプロセッサーにかける。
③カップケーキの底にオレオを敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておく。
④フードプロセッサーにクリームチーズを入れ、
 滑らかになるまで混ぜ合わせる。
⑤バター、卵、グラニュー糖、プレーンヨーグルト、
 レモン汁、薄力粉を加え、よく混ぜ合わせる。
⑥容器に流し込み、170℃で30~40分焼いたら出来上がり。



焦げてるんじゃないよ
ビスケット地になりそうなものがオレオしかなかった・・・
でも、意外に香ばしくておいしかったよチーズケーキ
17 : 55 : 46 | Sweets | コメント(0) | page top↑
レアチーズケーキ on オレオ
2007 / 02 / 20 ( Tue )
oreorea.jpg

<材料>(カップケーキ6個分)
(ビスケット地)
オレオ・・・4枚
無塩バター・・・10g
(チーズケーキ)
クリームチーズ・・・125g
グラニュー糖・・・30g
レモン汁・・・大さじ2
プレーンヨーグルト・・・100g
ゼラチン・・・4g
水(ゼラチン溶解用)・・・40ml


<作り方>
①バターをレンジにかけ、溶かしておく。
②オレオと①の溶かしバターををフードプロセッサーにかける。
③カップケーキの底にオレオを敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておく。
④ゼラチンを水に入れてふやかしておく。
⑤クリームチーズをフードプロセッサーにかけ、
 滑らかになるまで混ぜ合わせる。
⑥グラニュー糖、レモン汁、プレーンヨーグルトを加え、混ぜる。
⑦ふやかしておいたゼラチンを電子レンジに30秒程かけて
 よく溶かしてから加え、よく混ぜる。
⑧容器に流し入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やし固めれば出来上がり。


レモンが効いた方が好きなので、
レモン汁がちょっと多めかもしれない。調節してください。
レアチーズケーキ大好き
17 : 54 : 58 | Sweets | コメント(0) | page top↑
焼き鯖寿司
2007 / 02 / 19 ( Mon )
yakisaba.jpg

<材料>(2本分)
鯖・・・1尾
米・・・1,5合
寿司酢・・・45cc(米の量に合わせてください。1合:30~40cc)
大葉・・・4枚
生姜甘酢漬け・・・お好きなだけ
白ごま・・・適量


<作り方>
①ご飯をやや硬めに炊き、寿司酢を混ぜながら冷ます。
 冷めたら白ごまも加えて混ぜておく。
②鯖を3枚におろし、塩(分量外)を振り、10分程置き、
 出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る。
③鯖を焼き、中骨を取り除く。
 取り出す際、なるべく皮が破けないように・・・
 多少身が崩れてしまっても、最後にギュッと固めるので問題なし。
④ラップの上に鯖の大きさくらいの寿司飯を敷き、大体の形を整え、
 その上に生姜と大葉を乗せる。
⑤脂を拭き取った鯖を乗せ、ラップで包み、
 しっかりと力を入れて巻いていく。
⑥すぐ食べれますが、半日くらい置いた方がしっとり馴染んで、
 おいしくいただけます。


買うと1本1000円するしバカらしいよねぇ。
作ったら2本で190円。(鯖代のみだけど)
見た目は悪いけど
切るのが難しいんだよねぇ・・・
包丁を、切る度に水で濡らし、キレイに拭き、
ラップに包んだままの状態で切った方が切り易いです。
yakisaba2.jpg
20 : 10 : 02 | Meal | コメント(0) | page top↑
半熟卵~温泉卵
2007 / 02 / 16 ( Fri )
onsentamago.jpg

<材料>
卵・・・2個


<作り方>
①ご飯を炊く。
②保温になったら、アルミホイルかラップに包んだ生卵を、
 ご飯の上にポンと置いて、蓋を閉めて保温のまま放置。
③温泉卵なら40分~50分、半熟卵なら少し長めの60分~70分程で、
 取り出していただきます。


冷蔵庫から取り出してすぐの卵でOKです。
これはあくまでもうちの炊飯器の場合なので、
お使いの炊飯器にもよると思うので、クセを掴んで、
お好みの固さになる時間を見つけてください。
タイマーかけて、忘れないようにね。
今までずっとカップヌードルの容器で作ってたんだけど、
失敗も多くて

今、保温中のご飯がない~!って時は、
空の炊飯器に卵を入れ、そこに熱湯をかぶるくらい流し込み、
保温ボタンを押して20分後に取り出して冷やします。
こんな感じの温泉卵になります。
udon.jpg

20 : 29 : 55 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
ジャーマンポテト風コンソメ煮
2007 / 02 / 15 ( Thu )
potato.jpg

<材料>
じゃがいも・・・2個
ベーコン・・・お好きなだけ
玉ネギ・・・1/4個
コンソメ・・・小さじ2


<作り方>
①じゃがいもは皮を剥き、一口大に切り、水にさらす。
②ベーコンは1cm幅くらいに切る。
③玉ネギは薄切りにしておく。
④鍋に少量の油を熱し、じゃがいも、玉ネギを炒める。
⑤全体に油が回ったら、ベーコンを加え、炒める。
⑥ひたひたの水を入れ、コンソメを溶かす。
⑦時々返しながら、水分が少し残る程度まで煮詰めたら出来上がり。


昔、一緒に働いてた、母より年上のナースが、お昼休憩の時に
「これ食べてみ」って、分けてくれたもの。
すっごく美味しかったので、作り方を聞いて自分でも作るようになった。
あの時食べさせてくれたのは、
皮ごと食べれるちっちゃなちっちゃなじゃがいもだったな。
20 : 52 : 02 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
コーヒービーンズ・ラムレーズンチョコレート
2007 / 02 / 14 ( Wed )
coffeebeans.jpg

<材料>
コーヒー豆
ラムレーズン・・・足してコーヒーカップ1杯分になるくらい
板チョコ・・・1/2枚
ココアパウダー・・・適量


<作り方>
①コーヒー豆をオーブンで焼く。(160~170℃で10分弱)
 ※ここでしっかり煎らないと、苦くて食えたもんじゃないです。
②チョコレートを砕き、湯煎で溶かしておく。
③チョコを湯煎から上げ、コーヒー豆、ラムレーズンを
 チョコの中に入れ、全体に絡める。
④アルミホイルの上にひとつずつ豆を並べる。
(途中でチョコが固まりかけたら、再び湯煎にかけてください)
⑤冷蔵庫で冷やす。(急がないなら冬だったら常温でも固まります)
⑥ココアパウダーをまぶして出来上がり。


コーヒービーンズがほろ苦なので、
甘~いミニミニガトーショコラとセットにしてみました。
ひとつひとつ箸でつまんで移すのは大変なので、
大きめのスプーンですくって、箸で落とすようにすると簡単です。
多少隣の豆とくっついても、食べた時のお得感アップです。
mamemamemame.jpg
コーヒー豆は、大量に食べると胃にきますのでご注意。
甘いものが苦手な人にどうぞアップロードファイル
ピーナッツもいいかも。
20 : 50 : 43 | Sweets | コメント(0) | page top↑
キンピラ風大学イモ
2007 / 02 / 14 ( Wed )
satumaimokinpira.jpg

<材料>
さつまいも・・・中1本
ニンジン・・・1本
しょうゆ・・・小さじ2
砂糖・・・小さじ1
みりん・・・小さじ2
黒ゴマ・・・適量
バター・・・小さじ1


<作り方>
①さつまいもはよく洗い、皮は剥かずに2~3mm幅の細切りにし、
 水にさらしてアクを抜いておく。
②にんじんも、さつまいもと同じくらいの細さに切る。
③しょうゆ、砂糖、みりんを混ぜ合わせておく。
④フライパンに少量の油を熱し、ニンジンを炒める。
⑤ニンジンがしんなりしてきたら、さつまいもを加えて炒める。
⑥さつまいもが、ほんのり黄色になってきたら、③を加えて絡める。
⑦水分が飛んだら、火を消し、バターを余熱で絡める。
⑧黒ゴマをお好きなだけかけて召し上がれ。


キンピラ風大学イモ?
大学イモ風キンピラ?
おかず?
おやつ?
20 : 11 : 09 | Sweets | コメント(0) | page top↑
なつかしの2005年のバレンタイン
2007 / 02 / 13 ( Tue )
05-02-14_19-40.jpg

<材料>
市販のカステラ・・・3切れくらい
生クリーム・・・大さじ2
ポッキー・・・3~4本
ココアパウダー・・・適量


<作り方>
①ボウルにカステラをちぎって入れ、生クリームを加え、
 全体がまんべんなくしっとりするまで捏ねる。
②大きな丸1個、小さな丸2個を作り、ポッキーを短く折って、
 世界のスーパースターのような形に見えるよう刺してくっつける。
③ココアパウダーをまぶしたら出来上がり。


2005年のバレンタインに何をあげたか思い出せずにいたら、
旦那クンが写真を添付して送ってくれました。
21 : 58 : 26 | Sweets | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。