FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ビーフカレー
2007 / 01 / 31 ( Wed )
       圧力鍋使用してます(T-FAL
beefcurry.jpg

<材料>
牛スネ肉かたまり・・・食べたいだけ
じゃがいも・・・2個
ニンジン・・・1本
玉ネギ・・・1個
マッシュルーム・・・3~4個
バター・・・10g
赤ワイン・・・100ml
ローリエ・・・1枚
カレールー・・・適量
水・・・あなたの勘で
インスタントコーヒー・・・小さじ1


<作り方>
①ボウルに赤ワインを入れ、牛肉を漬けておく。
②じゃがいもは適当な大きさに切り、水にさらしておく。
③ニンジン、玉ネギ、マッシュルームもお好きな大きさに切る。
④圧力鍋にバターを溶かし、玉ネギを半分量炒める。
⑤玉ネギがキツネ色になったら、牛肉を炒める。
⑥肉の色が変わったら、じゃがいも、にんじん、
 残りの玉ネギ、マッシュルームを加えて炒める。
⑦全体にバターが回ったら、水と、牛肉を漬けていた赤ワイン、
 インスタントコーヒー、ローリエを加え煮立たせる。
⑧煮立ったらアクを掬う。
⑨蓋をし、8分加圧。
⑩自然冷却し、蓋を開け、ローリエを取り出し、カレールーを溶かす。
⑪とろみがつくまで弱火で少し煮たら出来上がり。


毎月29日は肉の日。この日しか牛肉買えません。
うちの旦那クンはカレーだったらなんでもご機嫌です。カレー味でも。
おっきな子供・・・
スポンサーサイト
21 : 20 : 01 | Pressure Cooker | コメント(0) | page top↑
チョコバナナ炊飯器ホットケーキ
2007 / 01 / 31 ( Wed )
※詳しくは「炊飯器ホットケーキ」をご参照ください。
chocobananacake.jpg

<材料>
ホットケーキミックス・・・200g
牛乳・・・120ml
卵・・・1個
バナナ・・・小~中2本、大なら1本
森永チョコレート小枝・・・適量(チョコならなんでも)


<作り方>
①ボウルは使わず、釜で全てを混ぜ合わせる。
(油を敷く必要はありません)
②バナナをちぎり、適当に放り込む。
③小枝をバナナの隙間に散らす。
こんな感じ↓ 少し沈める感じで。
koedabanana.jpg
④炊飯ボタンをポチ。
⑤炊けたら楊枝を刺して、焼けたか確認。
⑥ポン!と取り出す。
(出にくい場合は周りを竹串でグルリとまわしてください)


楊枝をさしてまだ生の場合は、一度炊飯ボタンを押すか、
食べるまで時間があるなら保温でしばらく置いといてください。
これは、炊飯2回で出来たものです。
バナナから水分が出るので、
ちょっとバナナ周囲の生地が緩かったかな~
11 : 52 : 01 | Rice Cooker | コメント(0) | page top↑
小松菜と豚肉のオイスターソース炒め
2007 / 01 / 30 ( Tue )
oystersource.jpg

<材料>
小松菜・・・3~4わ
豚薄切り肉・・・5枚
玉ネギ・・・1/4個
もやし・・・ひとつかみ
厚揚げ・・・1/2個
ニンジン・・・3cm幅
ブロッコリーの茎・・・1本
塩コショウ・・・少々
オイスターソース・・・大さじ2
豆板醤・・・小さじ1


<作り方>
①厚揚げを熱湯に通し、油抜きする。
②小松菜を3~4等分に切る。
③ニンジン、玉ネギを細切りにする。
④ブロッコリーの茎の皮を剥き、細切りにする。
⑤豚肉は1~2cm幅に切る。
⑥フライパンに油を熱し、豚肉を炒める。
⑦豚肉の色が変わったら、まずはブロッコリーの茎、ニンジン、
 小松菜の茎部分を加えて塩コショウで炒める。
⑧玉ネギ、もやし、厚揚げを加え、
 火が通ったらオイスターソースと豆板醤を絡めて出来上がり。


豚肉とオイスターソースってなんでこんなに合うんでしょ。
いつもブロッコリーを買う度に、野菜炒め用に、
茎を細切りで冷凍してます。
21 : 05 : 13 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
鮭の粕汁
2007 / 01 / 30 ( Tue )
kasujiru.jpg

<材料>
大根・・・1cm幅
ニンジン・・・1/4本
コンニャク・・・1cm幅
油揚げ・・・1/4枚
塩鮭・・・1切れ(豚薄切り肉でもおいしいです)
だし汁・・・500ml
酒粕・・・80g
酒・・・大2
薄口しょうゆ・・・少々
塩・・・少々
一味唐辛子・・・お好みで
刻みネギ・・・適量


<作り方>
①酒粕は、細かくちぎり、酒を絡めてふやかしておく。
②油揚げ、こんにゃくは熱湯を通して、細切りにする。
③大根、ニンジンは短冊切りにする。
④鮭は一口大に切る。
⑤鍋にだし汁、油揚げ、こんにゃく、大根、ニンジン、鮭、
 酒ごと酒粕を入れ、火にかける。
⑥煮立てば弱火にし、野菜に火が通るまでコトコト煮る。
⑦豚肉の場合はアクが出るので掬い、薄口しょうゆと塩で味を調整。
⑧刻みネギ、一味を振ってあつあつを召し上がれ。


酒粕にはアルコールが含まれてますので、弱い方はご注意。
18 : 05 : 42 | Soup | コメント(0) | page top↑
ふるふるコーヒーミルクゼリー
2007 / 01 / 29 ( Mon )
coffee5.jpg

<材料>3~4個分
(コーヒーゼリー)
インスタントコーヒー・・・小さじ2
水・・・250ml(市販の無糖コーヒーでもOK)
グラニュー糖・・・大さじ1と1/2
粉ゼラチン・・・5g
湯・・・45ml(ゼラチン溶解用)

(ミルクゼリー)
牛乳・・・150ml
グラニュー糖・・・小さじ1
コンデンスミルク・・・大さじ1
粉ゼラチン・・・2,5g
湯・・・20ml(ゼラチン溶解用)


<作り方>
(コーヒーゼリー)
①湯45mlにゼラチンを振り入れ、しっかり溶かす。
②鍋に水250mlを入れて火にかけ、温まったら、
 インスタントコーヒーと、グラニュー糖をよく混ぜる。
③火を止め、ゼラチン液を入れて混ぜる。
④粗熱が取れたら、容器に入れ冷やす。

(ミルクゼリー)
①湯20mlにゼラチンを振り入れ、しっかり溶かす。
②鍋に牛乳150mlを入れて火にかけ、温まったら、
 グラニュー糖とコンデンスミルクをよく混ぜる。
③火を止め、ゼラチン液を入れて混ぜる。
④粗熱が取れたら、容器に入れ冷やす。
⑤固まったら、フォークで崩し、コーヒーゼリーに乗せて召し上がれ。


全ての火をかける工程では、温める程度にしてください。
沸騰させないように・・・
砂糖の量はお好みで加減してくださいね。
ミルクを甘~く、コーヒーをノンシュガーにしてもいいかも。
21 : 59 : 31 | Sweets | コメント(2) | page top↑
いろいろおにぎり
2007 / 01 / 29 ( Mon )
onigiri.jpg

<大葉にんにく醤油漬け>写真手前
①大葉2枚を水洗いし、水気をしっかり拭き取る。
②大葉の大きさくらいの保存容器に、醤油をひたひたに入れる。
③にんにくをお好みの量入れ、そこに大葉を入れて半日以上漬け込む。

フリーズドライのにんにくでもおいしく頂けます。
その後はにんにく醤油として、お料理に使えますので捨てないでね。


<大葉ごま油漬け>写真奥
①大葉2枚を水洗いし、水気をしっかり拭き取る。
②大葉にごま油大さじ1と塩少々を振り、10分置く。


<ゆずじゃこ>写真手前
①ちりめんじゃこ大さじ2~3と、柚子胡椒小さじ1/2
 酒大さじ1、みりん小さじ1を混ぜ合わせる。
②フライパンでじっくり乾煎りする。
③炊き立てご飯に乗せて。混ぜ込んでおにぎりに。

そのまま食べるとちと辛いです。
奥のおにぎりは、塩昆布混ぜました。
21 : 54 : 15 | Meal | コメント(0) | page top↑
小松菜煮
2007 / 01 / 29 ( Mon )
komatunani.jpg

<材料>
小松菜・・・3~4わ
練り物・・・食べたいだけ
こんにゃく・・・1/4個
生しいたけ・・・2枚
(煮汁)
 だし汁・・・350ml
 酒・・・大さじ3
 みりん・・・大さじ3
 砂糖・・・大さじ1
 薄口しょうゆ・・・大さじ2
 塩・・・少々


<作り方>
①小松菜は3~4cmの長さに切る。
②練り物は、お好みの大きさに切る。
 こんにゃくは、熱湯をかけ、ねじっておく。
③鍋に煮汁を入れて中火にかけ、
 煮立ったらこんにゃく、練り物、しいたけを加え、3~4分煮る。
④小松菜の茎を先に加え、少ししてから葉を入れ、
 しんなりしたら火を止める。


小松菜じゃなくても葉野菜なら何でもおいしいと思います。
21 : 51 : 17 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
肉じゃが
2007 / 01 / 28 ( Sun )
       圧力鍋使用してます(T-FAL
nikujyaga.jpg

<材料>
じゃがいも・・・2~3個
ニンジン・・・1/2本
玉ネギ・・・1/2個
糸こんにゃく・・・お好きなだけ
牛薄切り肉・・・お好きなだけ
キヌサヤもしくはサヤインゲン・・・適量
(煮汁)
 しょうゆ・・・大さじ2と1/2
 みりん・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ2
 酒・・・大さじ2
 だし汁・・・400ml

<作り方>
①じゃがいもはお好きな大きさに切り、水にさらしておく。
②ニンジンも、お好みの大きさに、玉ネギは薄切りにする。
③糸こんにゃくは熱湯に通し、洗って食べやすい長さに切る。
④キヌサヤもしくはサヤインゲンはサッと塩茹でする。
⑤鍋に油を熱し、牛薄切り肉を炒める。
⑥肉の色が変わったら、じゃがいも・ニンジン、
 玉ネギ・こんにゃく、煮汁を加え、蓋をし10分加圧。
⑦自然冷却して蓋を開け、キヌサヤもしくはサヤインゲンを加え、
 ひと煮立ちしたら出来上がり。


圧力鍋だとじゃがいも丸々1個・ニンジン太切りでも
ほくほく柔らかに仕上がるので嬉しいなぁ。
煮物は、残ったのを翌日に食べる方が味しみてておいしいね。
大量に余ったら、潰して肉じゃがコロッケにしてみても。
味はついてるから、卵でとじるだけでもおいしいよ。
18 : 54 : 24 | Pressure Cooker | コメント(4) | page top↑
具だくさんおから煮
2007 / 01 / 28 ( Sun )
okarani.jpg

<材料>(お弁当用作りおきも含む)
おから・・・150gくらい
干し椎茸・・・2枚
ニンジン・・・2cm幅
ちくわ・・・1/2本
こんにゃく・・・1cm幅
油揚げ・・・1/2枚
サヤインゲン・・・2~3本(下茹でしておく)
あさりの水煮缶・・・1/2缶
しょうが・・・1/4かけ
(煮汁)
 干し椎茸の戻し汁・・・150ml
 酒・・・大さじ2
 薄口しょうゆ・・・大さじ1と1/2
 砂糖・・・大さじ1と1/2
 みりん・・・大さじ1


<作り方>
①干し椎茸は水につけて戻しておく。
②干し椎茸、ニンジン、ちくわ、こんにゃく、
 しょうが、サヤインゲンを細切りにする。
 油揚げは熱湯で油抜きしてから細切りにする。
③鍋に、煮汁の材料、干し椎茸、ニンジン、
 ちくわ、こんにゃく、油揚げを加えて火にかける。
④煮立てば、しょうがとあさりを加え、再び煮立てば火を止める。
⑤フライパンに油小さじ1を熱し、そこにおからを入れ、
 焦がさないようにたえず混ぜながら、弱火で5分程炒める。
⑥おからがパン粉のようにサラサラしてきたら、④の煮汁のみ加える。
⑦おからに煮汁がしっとり絡んだら、④の具も加えて弱火で少し炒める。
⑧最後にサヤインゲンを加え、絡ませたら出来上がり。


角煮を作ったら、おからが余ってしまいまして・・・
椎茸の風味がしっかり出て、おいしいです。
私はこの味付けで「ちょっと濃いな」と思ったけど、
旦那クンは「ちょっと薄い」と思ったそうな・・・
17 : 15 : 46 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
カレイの煮付け
2007 / 01 / 26 ( Fri )
20070107.jpg
<材料>
カレイ・・・2切れ
しょうが・・・1かけ
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1
水・・・100ml
酒・・・100ml
白ネギ・・・1/2本


<作り方>
①カレイに切り目を入れておく。しょうがは千切りに。
②鍋にしょうゆ、みりん、砂糖、水、酒を入れ、
 煮立てばしょうがを加える。
③カレイを、黒い皮を上にして入れる。
④落し蓋をして中火~弱火でコトコト10分程煮る。
⑤火を止め、10分置き、味を含ませる。
⑥白ネギを加え、再び火にかけ、火が通れば、器に盛って召し上がれ。


もし煮詰まっちゃったら、酒を加えてください。
カレイ、おいしいなぁ。でも高いなぁ(泣)
21 : 18 : 40 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
手羽先のブラックペッパー焼き
2007 / 01 / 26 ( Fri )
tebesaki.jpg

<材料>
手羽先・・・6~8本
酒・・・大さじ1
塩・・・少々
粗引き黒胡椒・・・少々
レモン・・・1/4個

<作り方>
①手羽先は、身の厚い部分に切り込みを入れ、酒を絡める。
②塩・粗引き黒胡椒を振りかける。
③グリルかオーブンでこんがり焼いて召し上がれ。


私は魚焼きグリルで焼きました。
旦那クンがレモンを齧るので、
私もレモン、食べてみました。すぱ!
やっぱ無理でしたぁ~
21 : 14 : 37 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
ほうれん草のごま味噌和え
2007 / 01 / 26 ( Fri )
hourensougomaae.jpg

<材料>
ほうれん草・・・3わ
白すりごま・・・大さじ1
味噌・・・大さじ1
酒・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ1
しらす・・・適量


<作り方>
①たっぷりの熱湯に塩少々(分量外)を加え、
 ほうれん草をサッと茹で、水に取り、色止めし、しっかり絞る。
②お好みの長さに切る。
③白すりごま、味噌、酒、砂糖を混ぜ合わせ、
 そこにほうれん草を和える。
④しらすを散らして召し上がれ。


しめじ、ブロッコリー、インゲン、ナス・・・なんでも和えちゃえー
21 : 12 : 18 | Side Dish | コメント(0) | page top↑
カツ丼
2007 / 01 / 23 ( Tue )
katudon.jpg

<材料>
豚ロース(カツ用)・・・2枚
玉ネギ・・・1/4個
ネギor三つ葉・・・適量
小麦粉・・・適量
卵・・・1個(衣用)
パン粉・・・適量

卵・・・2個(仕上げ用)
だし汁・・・200ml
酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2
砂糖・・・小さじ1


<作り方>
①豚肉の脂身と赤身の境目に切り込みを入れ、塩コショウをする。
②豚肉を小麦粉→卵→パン粉をつけ、
 170~180℃の油でカラッと揚げ、切り分けておく。
③玉ネギは、お好みの薄さに切っておく。
④フライパンにだし汁、酒、みりん、しょうゆ、砂糖、玉ネギを入れ、
 煮立てば弱火にし、玉ネギに火を通す。
⑤カツを加え、中火にし、再び煮立てば
 溶き卵と、ネギor三つ葉を入れ、蓋をする。
⑥卵が半熟になれば、ご飯の上に上手に乗せましょう。


カツ用の豚肉を買わなくても、もし豚の薄切り肉が冷蔵庫にあれば、
4~5枚重ねて、衣をつけて揚げても、
柔らかくって、ジューシーでおいしいよ。
我が家では、普通のトンカツより、薄切り豚肉の間に、
大葉・たたき梅・チーズを挟んだカツの方がよく食卓に並びます。
23 : 15 : 05 | Meal | コメント(0) | page top↑
旦那クン作 はっさくバナナジュース
2007 / 01 / 22 ( Mon )
fruitjuice.jpg

<材料>
はっさく・・・1個
みかん・・・2個
バナナ・・・1本
牛乳・・・100ml
レモン汁・・・少量


<作り方>
①バナナの皮を剥き、適当な大きさに切り、レモン汁を振る。
②はっさくとみかんの皮を剥き、ミキサーへ。
③ガーゼで漉し、再びバナナ・牛乳と共にミキサーへ。


夕食後、旦那クンがキッチンでなんかゴソゴソやっとんなと思ったら、
これを作ってくれてました。
20 : 57 : 09 | Made by my husband | コメント(0) | page top↑
サーモンの包み焼き
2007 / 01 / 22 ( Mon )
salmon.jpg

<材料>
サーモン・・・2切
じゃがいも・・・1個
玉ネギ・・・1/4個
しめじ・・・適量
えのき・・・適量
バター・・・10g
塩コショウ・・・少々
レモン・・・1/2個


<作り方>
①じゃがいもは薄切りにし水にさらしてアクを抜き、
 ラップに包んでレンジでチン。
②玉ネギも薄切り、しめじ・えのきは小房に分ける。
③アルミホイルに薄く油を敷き、サーモン(皮を下に)じゃがいも
 ニンジン・玉ネギ・しめじ・えのきを乗せる。
④塩コショウを振り、バターを落として、アルミホイルを閉じる。
⑤250℃に余熱しておいたオーブンで15分程焼く。
⑥レモンを絞って召し上がれ。お好みで醤油を垂らしてもいいかも。


油を敷いていても、くっつきやすいので、
サーモンは必ず皮を下にして入れましょう。
破れた時のためにアルミホイルを2重にしておいてもいいです。

全然関係ない話ですが・・・
うちの旦那クンは、絞った後のレモンの果肉を齧って食べます。
しかも全然すっぱそうな素振りもなく。
「はっさくの方がすっぱい」と申すのございます。
私には信じられないのですが、旦那クンにとっては普通のこと・・・
私が間違ってるの?
20 : 05 : 05 | Side Dish | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。